ジェネラル・サポート「太平洋戦記3 最終決戦」の攻略情報は…

41年9月第9ターンから

1941年9月第9ターン

 

『翔鶴』に続いて同型艦『瑞鶴』が、神戸造船所にて竣工。

 

英徳攻略戦開始。

 

日本軍参加兵力:兵員1782 火砲620 車両114 後方3150
日本軍損害:兵員133 火砲14 車両4 後方0
連合軍参加兵力:兵員1476 火砲323 車両0 後方4170
連合軍損害:兵員233 火砲40 車両0 後方140

 

英徳占領しました。

 

ホロムシロの機雷敷設、800でひとまず完了。

 

1941年10月第4ターン

 

来陽攻略に挑みます。

 

日本軍参加兵力:兵員1622 火砲606 車両110 後方3150
日本軍損害:兵員101 火砲11 車両4 後方0
連合軍参加兵力:兵員812 火砲171 車両0 後方0
連合軍損害:兵員812 火砲171 車両0 後方0

 

攻略成功。これで、広東から衝陽までを打通。さらに西に向かいます。

 

1941年10月第5ターン

 

前ターンの来陽に続いて、零陵を攻略。

 

日本軍参加兵力:兵員2509 火砲951 車両540 後方5400
日本軍損害:兵員406 火砲34 車両54 後方0
連合軍参加兵力:兵員3004 火砲642 車両0 後方7897
連合軍損害:兵員490 火砲97 車両0 後方310

 

広西省の中心都市・桂林に迫ります。

 

1941年10月第6ターン

 

「3式砲戦車」を実用化しました。シャーシが汎用性の高いチハ車台ということで。

 

「特型潜」の基本設計も完了。これはドイツ派遣の主力となるので、がんばって実用化を目指します。

 

1941年10月第8ターン

 

700機近くの99式襲撃機と100機あまりの99式双軽2型で、桂林を猛爆。陣地規模を一気に3245も低下させました。軽油と弾薬の消費量は見なかったことにします。

 

1941年10月第9ターン

 

陣地を完全に吹き飛ばしたところで、桂林に突撃。

 

日本軍参加兵力:兵員2298 火砲695 車両762 後方4050
日本軍損害:兵員245 火砲12 車両43 後方0
連合軍参加兵力:兵員3029 火砲648 車両70 後方7815
連合軍損害:兵員399 火砲81 車両10 後方380

 

1個師団に匹敵する損害を出しながらも、桂林攻略成功。どうも歩兵の損害が多いような気がしますね。前衛に配置する火砲(砲射程1の火砲)が少ないのでしょうか。

 

1941年10月第10ターン

 

護発動機開発中に毎度おなじみの「致命的欠陥」発生。開発ポイントが32増加しましたが、もう驚きもしません。

 

こちらは朗報。空母「雷鳳」が横須賀工廠にて竣工。これで祐鳳(瑞龍)型空母が8隻揃いました。

 

1941年11月第3ターン

桂林の治安を回復する(治安度を上げる)ため、隣接する独山も占領しなくてはなりません。まずはセオリーどおりの陣地爆撃から。

 

1941年11月第5ターン

独山の天気、曇ばかりであまり晴天になりません。このあたりは中部大陸性気候帯で、11月の天候好転確率は35%なんですけどね。急降下爆撃の効果が半減しますが、あまりのんびりしてもいられないので、強行爆撃します。軽油と弾薬がもったいない。

 

1941年11月第7ターン

「乙型電波警戒機」の開発が完了しました。効果は「根拠地迎撃度 +1」。日本側根拠地に来襲してきた敵機に対して、迎撃に発進できる戦闘機の数が増えます。

 

1941年11月第8ターン

戦時標準タンカーの基本設計が完了。すでに低速タンカーが完成しているので、不要と言えば不要なんですが…。

 

低速タンカー:水上戦速15・燃費14・積荷16000トン・機銃18門
戦標タンカー:水上戦速13・燃費9・積荷9000トン・機銃12門

 

低速タンカーに比べて優れているのは燃費ぐらいなんですが、ま、初めてなので開発しておきましょう。

 

計11回にわたる爆撃で陣地を0にした独山に殴り込みます。

 

日本軍参加兵力:兵員2187 火砲988 車両689 後方4050
日本軍損害:兵員134 火砲29 車両21 後方0
連合軍参加兵力:兵員3046 火砲621 車両28 後方7956
連合軍損害:兵員368 火砲67 車両5 後方320

 

独山攻略成功で、あとは南寧まで突っ走るのみ。

 

1941年11月第9ターン

中国軍のSB2軽爆が生意気にも独山を爆撃。小型爆装での航続距離650kmなので、重慶から飛来したと思われます。88式75mm高射砲を緊急配備。

 

1941年11月第10ターン

秋月型駆逐艦「照月」横須賀にて竣工
秋月型駆逐艦「初月」舞鶴にて竣工
秋月型駆逐艦「秋月」呉にて竣工
秋月型駆逐艦「涼月」佐世保にて竣工

 

期待の防空駆逐艦が続々と竣工。

 

柳州攻略成功。

 

日本軍参加兵力:兵員2651 火砲719 車両30 後方3550
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員4 火砲0 車両28 後方5
連合軍損害:兵員4 火砲0 車両10 後方5

 

ページの先頭に戻る
《→ 41年12月第2ターンから に続く》

太平洋戦記3 最終決戦

大戦略 大東亜興亡史-ニイタカヤマノボレ一二〇八-

KOEI The Best 提督の決断4




ホーム 入門編 基礎編 発展編 プレイレポート