ジェネラル・サポート「太平洋戦記3 最終決戦」の攻略情報は…

42年6月第2ターンから

1942年6月第2ターン

第2次独山防衛戦
日本軍参加兵力:兵員54 火砲1329 車両0 後方0
日本軍損害:兵員41 火砲41 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員2931 火砲313 車両0 後方10709
連合軍損害:兵員672 火砲90 車両0 後方1066

 

1942年6月第3ターン

パレンバンの民度が100%まで回復しました。原油採掘施設と製油所を、同じく100%稼働させます。

 

金剛代艦改型戦艦「信濃」が呉工廠にて竣工。4万トンに満たない船体に46cm砲6門を搭載しています。明らかにトップヘビーですね。39年シナリオ2ndシリーズでは、40cmL砲にしました。

 

第3次独山防衛戦
日本軍参加兵力:兵員54 火砲1329 車両0 後方0
日本軍損害:兵員37 火砲39 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員2766 火砲327 車両0 後方10363
連合軍損害:兵員655 火砲97 車両0 後方1031

 

誘引迎撃戦術でギリギリまで敵兵力を削ります。

 

1942年6月第4ターン

第1次バターン攻略戦
日本軍参加兵力:兵員406 火砲111 車両70 後方900
日本軍損害:兵員10 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員73 火砲38 車両43 後方0
連合軍損害:兵員73 火砲38 車両43 後方0
バターン占領

 

意外にあっさりと降伏してくれました。マッカーサーは濠州に脱出済みということで脳内解決。

 

第4次独山防衛戦
日本軍参加兵力:兵員54 火砲1284 車両54 後方0
日本軍損害:兵員47 火砲13 車両53 後方0
連合軍参加兵力:兵員2177 火砲638 車両0 後方10859
連合軍損害:兵員649 火砲244 車両0 後方1062

 

メイクテーラがモスキート軽爆(航続750km)に、ミンギャンがボーファイター1(航続600km)による爆撃を受けました。ダッカにある英軍の航空基地から出撃した模様。雨期に入ってしまったので進撃が止まってしまっていますが、ダッカは雨期の前に攻略しておくべきですね。

 

クェゼリンにも米軍のB17Eが夜間に来襲。夜戦を配備していなかったので、迎撃することができず、小型爆弾の雨。こちらはマキンから飛来したものと思われます。急遽、2式複座式戦闘機の配備を決定。

 

1942年6月第5ターン

さっそく潜水艦派独(6月第1ターンにドイツ到着)の効果が現る。インド国民軍総司令官のチャンドラ・ボース来日。シンガポールで「自由インド仮政府」の旗揚げです。

 

前ターンでB17Eの空爆を受けたことにより、クェゼリンに配備が決定した2式複戦。浜松からサイパン経由でクェゼリンまで移動させます。

 

1942年6月第6ターン

クチンの民度が完全に回復。ボーキサイト採掘開始です。

 

ニコバルおよびアンダマン攻略支援のため、やはりメルギーに航空基地が必要な雰囲気になってきました。ブルドーザーや資材を集めると同時に、足(航続距離)の長い雷撃機がほしいので、今さらですが「96式陸攻21型」を生産します。

 

第1次西寧攻略戦
日本軍参加兵力:兵員1421 火砲1867 車両329 後方4150
日本軍損害:兵員139 火砲34 車両17 後方0
連合軍参加兵力:兵員763 火砲503 車両5 後方0
連合軍損害:兵員763 火砲503 車両5 後方0
西寧占領(第12軍(6個師団))

 

ようやく、中国北西端の拠点・西寧を攻略。兵力を対英戦にシフトできます。

 

第1次バンジェルマシン攻略戦
戦果:陣地16低下
日本軍参加兵力:兵員188 火砲31 車両0 後方450
日本軍損害:兵員2 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員48 火砲21 車両0 後方0
連合軍損害:兵員0 火砲3 車両0 後方0
バンジェルマシン占領

 

駆逐艦 朝顔 対艦砲撃により沈没

 

1942年6月第7ターン

西寧を攻略したことで、中国側から和平交渉の開催を呼びかけてきました。

 

講和条件3「洛陽以西かつ遵義以北を除く全中国領土の割譲を要求」しましたが…

 

太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略
(C)GENERAL SUPPORT

 

速攻で拒否られました。

 

潜水艦 チューリー 爆雷により沈没
潜水艦 ストイック 爆雷により沈没
潜水艦 O20 爆雷により沈没
潜水艦 O19 爆雷により沈没
潜水艦 スターフイッシュ 爆雷により沈没

 

敵潜狩りは順調です。

 

第5次独山防衛戦
日本軍参加兵力:兵員46 火砲1291 車両0 後方0
日本軍損害:兵員33 火砲22 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員1566 火砲522 車両0 後方12432
連合軍損害:兵員478 火砲204 車両0 後方840

 

1942年6月第8ターン

第2次ダッカ爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機100機 爆撃機135機
撃墜:戦闘機6機 爆撃機15機
連合迎撃総数:戦闘機114機 爆撃機13機
撃墜:戦闘機23機 爆撃機2機
戦果:陣地10低下 兵員5 飛行場97低下 戦闘機4 爆撃機42

 

ダッカの英軍航空基地を空爆。数ターンは機能停止に陥ったままでしょう。

 

第6次独山防衛戦
日本軍参加兵力:兵員9 火砲1269 車両0 後方0
日本軍損害:兵員7 火砲5 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員1088 火砲93 車両0 後方11592
連合軍損害:兵員273 火砲28 車両0 後方609

 

1942年6月第9ターン

第1次ミンドロ攻略戦
日本軍参加兵力:兵員162 火砲0 車両0 後方285
日本軍損害:兵員1 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員15 火砲3 車両12 後方0
連合軍損害:兵員15 火砲3 車両12 後方0
ミンドロ占領

 

1942年6月第10ターン

トラックがB17Dによる空襲を受けました。どうやらグアムに配備されている様子。念のためグアムに偵察をかけてみたところ、やはりB17Dが20機前後、PBYカタリナ飛行艇が10機あまり配備されていました。

 

ページの先頭に戻る
《→ 42年7月第1ターンから に続く》

太平洋戦記3 最終決戦

大戦略 大東亜興亡史-ニイタカヤマノボレ一二〇八-

KOEI The Best 提督の決断4




ホーム 入門編 基礎編 発展編 プレイレポート