ジェネラル・サポート「太平洋戦記3 最終決戦」の攻略情報は…

1939年(昭和14年) Vol.1

9月第6ターン(16〜18日)

当面の対外方針として、最高戦争指導会議による決定が下されました。

 

「中国大陸における攻勢(航空爆撃を含む)を一時的に中断する」

 

この決定により、5月初旬から始まった重慶爆撃も中止。いくら軍事施設だけを狙っても、精密度に欠ける水平爆撃では一般市民の頭上に爆弾が落下することは避けられず、それは人道上いかがなものかという批判が軍内部からも噴出したことにします。

 

「敵に塩を送る」ような美学を持つ日本の軍人にとって、多数の非戦闘員に被害を及ぼす無差別爆撃や、潜水艦で非武装の輸送船を叩いて補給を脅かし、一般市民を飢餓の恐怖にさらすような戦い方は、受容しがたい抵抗感があったのでしょう。

 

それにゲーム的に言えば、水平爆撃なんて軽油と弾薬の無駄遣いですからね。使い勝手の良い急降下爆撃機が実戦配備されるまでは、しばらく技術開発と生産力の増大に努めることにします。

 

さて、軍需省・陸軍省・海軍省からは、軍需物資生産や新兵器開発、艦船建造、航空機生産についての通達が出されました。

 

科学兵器開発
  • 「油田探索」を重点指定。満州のチチハル付近で探索中です。

 

発動機開発
  • 「中島系」を重点指定。栄2型、誉1型・2型の早期実用化のためです。

 

航空機開発
  • 『零戦21型』『99式艦爆11型』『零式輸送機』『99式襲撃機』を開発。特に『99式襲撃機』は序盤の大陸侵攻で大活躍が期待されます。

 

陸戦兵器開発
  • 「その他」を重点指定。ブルドーザー早期実用化のためです。

 

艦船開発
  • 「商船」を重点指定。戦いが佳境に入ると、燃費のよい「戦標輸送船」での物資輸送が不可欠になります。

 

採掘・加工
  • 大宮セメント採掘施設(秩父セメント)を拡張
  • 岡山・熊本セメント採掘施設を200%操業

200%操業は採掘量を2倍にするための措置ですが、労働時間も2倍になるので当然ながらその都市全体の労働意欲(民度)の低下を招きます。

 

これについては、それぞれ同じ都市に立地する岡山海軍機工場(水島航空機製作所)・熊本陸軍機工場(三菱第9製作所)の操業率を0%にすることで相殺し、民度の低下を防ぎます。航空機工場の従業員をセメント採掘施設にシフトしたようなものですね。『99式艦爆11型』あるいは『99式襲撃機』の開発が終わるまで航空機は生産しないので、稼働せずとも問題なし。

 

ただ、飛行機作りのプロにセメントを採掘させても、果たして仕事になるのかという疑問は残りますが……。

 

艦船建造
  • 建造中の『大和』『武蔵』『翔鶴』『瑞鶴』『香取』『鹿島』を対空型に改装
  • 建造中の駆逐艦を対潜型に改装
  • その他の建造中の艦船のうち、出渠可能なもの(高速タンカー除く)は工事中断して出渠。出渠が不可能なもの(船体未完成)は解体(特に潜水艦はすべて鉄に戻す)。
  • 呉海軍工廠で大型ドック建設開始
  • 呉海軍工廠で『金剛』『霧島』の装甲空母改装工事開始(次は『比叡』『榛名』)
  • 呉海軍工廠で戦艦『信濃』起工(次は『尾張』)
  • (川崎重工業)神戸造船所で竣工済の高速輸送船3隻を特設水上機母艦に改装(鉄不要)
  • 舞鶴海軍工廠で工作艦『三原』起工(次は『桃取』『朝日』)

 

以上は、「マル4計画」の主要部分を大胆に見直した、以下の「改マル4計画」に基くものです。

  • 大和型戦艦2隻 --> 金剛代艦F型(主砲は40cmL砲搭載)戦艦2隻。大和型では工期が長過ぎ。竣工する頃には戦争が終わります。
  • 大鳳型装甲空母1隻 --> 金剛型戦艦4隻を装甲空母に改装
  • 雲龍型量産空母4隻新造
  • 潜水艦は巡潜型(巡洋潜水艦)以外全廃

 

潜水艦建造の目的は遣独のみ。米英相手に通商破壊戦を挑んでも効果は薄いし。

 

究極の戦時急造型空母・瑞龍型と超甲型巡洋艦の予算化については、マル5計画で行うつもりです。

 

航空機生産・陸戦兵器生産

航空機製造工場は、『99式艦爆11型』と『99式襲撃機』が開発されるまで休業状態。陸戦兵器は『95式野砲』『91式10p榴弾砲』『88式75mm高射砲』を中心に、細々と地道に生産を続けていきます。

 

作戦

呉・横須賀・青森に停泊している巡潜型潜水艦合計8隻を台湾の高雄に集結させます。ドイツへの派遣のためですが、それが可能になるのは、英国と戦端を開いて以降になります。

 

余談

史実では、この9月下旬に中国大陸で「?(かん)湘作戦」が実施されています。漢口の南西にある岳陽占領後に、付近の中国軍を一掃する目的で行われた作戦ですが、この架空世界では、日本軍はまだ岳陽を占領していないので、?(かん)湘作戦も実施されません。

 

日本国内ですが、西日本で大旱魃が発生しました。呉軍港をかかえる呉市においても、3日ごとに1時間給水という深刻な給水制限が実施されました。工廠ではまともに操業ができたのでしょうか。

 

太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)展示

 

ページの先頭に戻る
《→ 1939年(昭和14年) Vol.2 に続く》

太平洋戦記3 最終決戦

大戦略 大東亜興亡史-ニイタカヤマノボレ一二〇八-

KOEI The Best 提督の決断4




ホーム 入門編 基礎編 発展編 プレイレポート