ジェネラル・サポート「太平洋戦記3 最終決戦」の攻略情報は…

1942年(昭和17年) Vol.10

9月

第1ターン
「クェゼリン沖に敵潜の兆候あり」との報告。燃費の良い掃海艇5隻で、急遽、対潜部隊を編成し、掃討。

潜水艦アンバージャック爆雷により沈没
潜水艦ブロウアー爆雷により沈没
潜水艦ミンゴ爆雷により沈没


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第2ターン
ホランジャから陸路でサルミに侵攻。

第1次サルミ攻略戦
日本軍参加兵力:兵員27 火砲102 車両30 後方450
日本軍損害:兵員2 火砲1 車両2 後方0
連合軍参加兵力:兵員38 火砲18 車両0 後方0
連合軍損害:兵員38 火砲18 車両0 後方0
サルミ占領
駆逐艦 クレイブン 占領により破壊
輸送船 連商船30号 占領により破壊
輸送船 連商船31号 占領により破壊
タンカー 連商船171号 占領により破壊
タンカー 連商船172号 占領により破壊
小型敷設艦 プルーイット 占領により破壊
小型敷設艦 モントゴメリー 占領により破壊
小型敷設艦 ブリース 占領により破壊


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

ちょうど敵の増援艦隊が来着したところだったようで、思わぬ副産物も刈り取れました。

第2次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機52機 爆撃機44機
撃墜:戦闘機3機 爆撃機5機
連合迎撃総数:戦闘機33機
撃墜:戦闘機10機
戦果:陣地100低下 爆撃機6 偵察機5

第3次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機59機
撃墜:爆撃機0機
戦果:陣地305低下 兵員7 後方1


第3ターン
第3次アダック爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機62機 爆撃機74機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機1機
戦果:兵員26 火砲9 後方4 飛行場22低下 戦闘機3 爆撃機11 偵察機12

第4次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機26機 爆撃機39機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機3機
連合迎撃総数:戦闘機13機
撃墜:戦闘機8機
戦果:兵員2 飛行場34低下 戦闘機4 爆撃機5 偵察機5

第5次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機59機
撃墜:爆撃機1機
戦果:兵員19 火砲9 後方4

第3次クーパン爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機29機 爆撃機28機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機0機
戦果:兵員8


第4ターン
太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

スターリングラード攻防戦、大きなヤマ場を迎えています。ここまでは史実どおりの展開ですが、果たしてここからどちらに転ぶんでしょうか。

熊野丸型航空輸送艦 「熊野丸」 神戸にて竣工

陸軍特殊船丙型という分類になります。大発と呼ばれる上陸用船艇を25隻搭載可能で、飛行甲板を装備して航空機運用能力も併せ持ちます。史実では『熊野丸』の前に『あきつ丸』という丙型船が建造されていますが、『熊野丸』のほうがはるかに工期が短い(154ターン→61ターン)ため、今回は『熊野丸』を採用。同型艦『笠置丸』も佐世保工廠で建造中です。

第1次サルミ沖海空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機82機
撃墜:爆撃機0機


ホランジャに敵機来襲。マヌスの基地からだと思われます。

第1次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機91機
撃墜:爆撃機38機
日本迎撃総数:戦闘機106機
撃墜:戦闘機10機


陸海軍機混成(2式単戦・2式複戦・零戦52型丙)の迎撃部隊が健闘。91機中38機を撃墜しましたが、迎撃網をくぐり抜けてフンボルト湾上空に達したBC25軽爆により、『陸奥』が魚雷1本被弾。

第6次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機50機爆撃機36機
撃墜:戦闘機2機爆撃機2機
戦果:兵員7 火砲3 後方1

第7次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機58機
撃墜:爆撃機2機
戦果:兵員17 火砲6 後方4

第1次ソロン攻略戦
日本軍参加兵力:兵員9 火砲4 車両0 後方50
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
ソロン占領

第1次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機67機爆撃機39機
撃墜:戦闘機2機爆撃機2機
連合迎撃総数:戦闘機40機
撃墜:戦闘機15機
戦果:後方1 飛行場33低下 戦闘機4 爆撃機16 偵察機4

第2次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機20機 爆撃機86機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機3機
連合迎撃総数:戦闘機12機
撃墜:戦闘機5機
戦果:兵員1後方1 飛行場79低下 戦闘機6 爆撃機14 偵察機3

第4次アダック爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機66機
撃墜:爆撃機1機
戦果:兵員55 火砲21 後方11 飛行場12低下 爆撃機2 偵察機6


南寧−ランソン間の鉄道が完成し、仏印から朝鮮半島のプサンまでの鉄路がようやく一本につながりました。

太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

漢口−長沙間は南京を迂回する形になっていますが、短絡化はまたいずれ余裕ができてから。

第5ターン
さて、北方作戦。ダッチハーバー攻略への大きな足がかりとなるアダックを一気に奪取します。

第5次アダック爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機66機
撃墜:爆撃機3機
戦果:小型艦4隻 商船4隻 兵員28 火砲6 後方5
タンカー 連商船162号 爆撃により沈没
輸送船 連商船10号 爆撃により沈没
輸送船 連商船11号 爆撃により沈没
タンカー 連商船164号 爆撃により沈没
駆逐艦 プレストン 爆撃により沈没
駆逐艦 ダンラップ 爆撃により沈没
駆逐艦 スミス 爆撃により沈没
駆逐艦 ファラガット 爆撃により沈没


サルミ占領時に続く幸運。もう1ターン攻略が遅れていたら、敵戦力が大幅に強化されているところでした。

第1次アダック攻略戦
日本軍参加兵力:兵員57 火砲89 車両0 後方215
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員5 火砲0 車両0 後方0
連合軍損害:兵員5 火砲0 車両0 後方0
アダック占領


ダッチハーバーからの『B17E』による爆撃で、軽巡から大型輸送艦に改装された『鬼怒』が大破。

第3次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機38機 爆撃機73機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機1機
戦果:陣地80低下 飛行場6低下 戦闘機3 爆撃機7 偵察機4

第4次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機28機 爆撃機72機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機1機
戦果:陣地140低下 戦闘機2 爆撃機3 偵察機2


第6ターン
戦闘機「4式戦甲」開発中止

基本型の『4式戦甲』と派生型の『4式戦乙』を比較すると、乙は甲に対して旋回力で1劣る代わりに、固定空戦火力と固定掃射火力で4優るんですよね。もっとも『4式戦丙』になると火力はさらに4プラスされるんですが、速力と旋回力は1マイナスになるので、間をとって『4式戦乙』を制式化することにしました。

第2次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機68機
撃墜:爆撃機30機
日本迎撃総数:戦闘機104機
撃墜:戦闘機10機

第8次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機36機 爆撃機72機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機0機
戦果:兵員16 火砲9 後方3

第1次ミミカ攻略戦
日本軍参加兵力:兵員81 火砲20 車両0 後方200
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員17 火砲0 車両0 後方0
連合軍損害:兵員17 火砲0 車両0 後方0
ミミカ占領


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第1次マノクワリ攻略戦
日本軍参加兵力:兵員9 火砲4 車両0 後方50
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
マノクワリ占領


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第7ターン
太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略
太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

連合軍(米軍)根拠地の迎撃度が+1されます。

一説によると、SCR270の水平ビーム幅が28度。約200km先の編隊を探知しても「その辺りの横幅約100kmの範囲に、何か反応があるな」ということぐらいしかわからないとか……。それでも、何も情報がないよりマシとも言えますが。

第5次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機47機 爆撃機95機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機1機
戦果:陣地128低下 兵員7

第6次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機57機 爆撃機123機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機1機
戦果:陣地42低下 兵員15 火砲3 後方2

第7次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機56機
撃墜:爆撃機1機
戦果:陣地10低下 兵員18 火砲9 後方4


第8ターン
第1次アイタペ爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機29機 爆撃機48機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機0機
戦果:兵員14 火砲3 後方4

第1次アイタペ攻略戦
日本軍参加兵力:兵員243 火砲184 車両0 後方450
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
アイタペ占領


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第9ターン
太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

この致命的欠陥を回避する方法について、ちょっとした情報があります。

発生するタイミングなんですが、これは「ゾロ目ターン」でほぼ確定。「○月第○ターン」の○が同じ数字のターンということです。戦闘履歴で確認してみると、確かに過去2回の欠陥発生は「3月第3ターン」と「10月第10ターン」。そして今回が「9月第9ターン」ですからね。

タイミングがわかったところで、欠陥発生を回避するには「危険ターンの前に、重点指定のメーカーを変更」するのです。回避できたら、そのターンで元に戻せばOKと。

第3次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機49機
撃墜:爆撃機26機
日本迎撃総数:戦闘機75機
撃墜:戦闘機6機

第1次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機59機
撃墜:爆撃機16機
損害:兵員6 火砲2

第1次ウエワク攻略戦
日本軍参加兵力:兵員243 火砲559 車両80 後方450
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
ウエワク占領


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第10ターン
太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第1次ウエワク防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機74機
撃墜:爆撃機12機
損害:兵員1 火砲8

第1次マダン攻略戦
日本軍参加兵力:兵員242 火砲419 車両0 後方450
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
マダン占領


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

ページの先頭に戻る
《→ 1942年(昭和17年) Vol.11 に続く》
太平洋戦記3 最終決戦

大戦略 大東亜興亡史-ニイタカヤマノボレ一二〇八-

KOEI The Best 提督の決断4




ホーム 入門編 基礎編 発展編 プレイレポート