ジェネラル・サポート「太平洋戦記3 最終決戦」の攻略情報は…

1942年(昭和17年) Vol.11

10月

第1ターン
潜水艦 ガーナード 爆雷により沈没

第1次ラエ攻略戦
日本軍参加兵力:兵員27 火砲270 車両0 後方450
日本軍損害:兵員0 火砲2 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員57 火砲18 車両0 後方10
連合軍損害:兵員0 火砲6 車両0 後方0
ラエ占領


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

現在は、国内最大の貨物港を持つパプアニューギニア第2の都市となっています。史実では、ラエ攻略部隊は呉鎮守府所属の特別陸戦隊で編成されていました。

第2ターン
ドイツ派遣潜水隊ですが、キール軍からの帰途、ドーバー海峡にさしかかったところで、米軍の大西洋哨戒隊に捕捉されました。しかし……

太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

一方、蘭印周辺の海域では、敵潜の動きが活発化しています。しばらく鳴りを潜めていたので、安心していたんですが……。リンガ泊地に接近していた高速タンカーと中速輸送船が魚雷1本ずつ被弾。

もっとも、やられたらやり返すのは当然ですが。

潜水艦 シール 爆雷により沈没
潜水艦 エスカラー 爆雷により沈没
潜水艦 アーチャーフイッシュ 爆雷により沈没


潜水艦『アーチャーフイッシュ』。史実では、装甲空母『信濃』を雷撃・撃沈したことで有名ですが、ここではここで海の藻屑に。それはともかく、やはりバリクパパンあたりに対潜部隊を配備しておく必要がありそうです。

第2次ウエワク防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機81機
撃墜:爆撃機13機
損害:兵員3 火砲5

第8次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機29機 爆撃機57機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機9機
戦果:小型艦1隻 商船3隻 戦闘機1 爆撃機4 偵察機2
輸送船 連商船29号 爆撃により沈没
輸送船 連商船28号 爆撃により沈没
タンカー 連商船2号 爆撃により沈没
駆逐艦 フラッサー 爆撃により沈没

第9次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機24機 爆撃機48機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機3機
戦果:小型艦3隻 商船1隻 戦闘機1 爆撃機4 偵察機3
駆逐艦 ランソン 爆撃により沈没
駆逐艦 カッシング 爆撃により沈没
駆逐艦 マハン 爆撃により沈没
タンカー 連商船6号 爆撃により沈没


第4ターン
第1次ラエ防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機68機
撃墜:爆撃機0機
損害:兵員3 火砲10 後方10


マダンに60機あまりのB17Eが飛来。飛行場に小型爆弾をばらまいていきました。

第1次マダン防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機98機
撃墜:爆撃機32機
日本迎撃総数:戦闘機56機
撃墜:戦闘機8機
損害:飛行場33低下 戦闘機5 爆撃機2 偵察機1


第5ターン
太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

ヤルートから『銀河』『99式双軽』計128機+護衛の『零戦52丙』53機が出撃。

第1次タラワ沖空海戦
日本軍攻撃隊:戦闘機53機 爆撃機128機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機13機
大型輸送艦 LST9号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST10号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST11号 爆撃により沈没
タンカー 連商船1号 爆撃により沈没
輸送船 連商船32号 爆撃により沈没
輸送船 連商船27号 爆撃により沈没
輸送船 連商船26号 爆撃により沈没
掃海艇 ロビンソン 爆撃により沈没
掃海艇 ニールズ 爆撃により沈没
駆逐艦 D・H・フォックス 爆撃により沈没
駆逐艦 ラ・バレット 爆撃により沈没
駆逐艦 ホブソン 爆撃により沈没
掃海艇 ハムナー 爆撃により沈没
掃海艇 マクラナハン 爆撃により沈没
駆逐艦 オールト 爆撃により沈没
掃海艇 アンダーソン 爆撃により沈没


少なくとも1個師団以上の兵員と装備が海底に沈んだものと思われます。黙祷。

第2次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機69機
撃墜:爆撃機6機
損害:兵員6 火砲1 後方10


夜のマダン上空にB17E現る。満を持して『2式複戦丁』が迎撃。

第2次マダン防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機67機
撃墜:爆撃機19機
行方不明:爆撃機7機
日本迎撃総数:戦闘機32機
撃墜:戦闘機5機
損害:飛行場12低下 戦闘機2 偵察機1


第6ターン
太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

連合軍(今となっては米軍)の投下する爆雷の命中率が1.1倍されます。ただ、日本はドイツ派遣以外に潜水艦を使っていないので、あまり影響ありませんね。お疲れさまです。

爆撃機「4式重爆1型」開発完了

待望の『4式重爆』通称「飛龍」の生産が可能になりました。急降下爆撃が可能な“重爆”です。史実での生産機数は635機とのことですが、この世界では、航続距離を延長した派生型である『4式重爆1型特』も合わせて800機は生産したいところです。

第3次ウエワク防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機64機
撃墜:爆撃機7機
損害:兵員9 火砲4 後方10

第1次ポートモレスビー爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機63機 爆撃機130機
撃墜:戦闘機3機 爆撃機13機
連合迎撃総数:戦闘機73機
撃墜:戦闘機14機
戦果:兵員4 飛行場202低下 戦闘機23 爆撃機23 偵察機8 輸送機11

第10次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機38機 爆撃機57機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機12機
戦果:小型艦4隻 商船4隻 戦闘機2 爆撃機5 偵察機2
輸送船 連商船33号 爆撃により沈没
駆逐艦 バグレー 爆撃により沈没
駆逐艦 モーリー 爆撃により沈没
タンカー 連商船168号 爆撃により沈没
輸送船 連商船34号 爆撃により沈没
タンカー 連商船167号 爆撃により沈没
駆逐艦 ファニング 爆撃により沈没
駆逐艦 ドレイトン 爆撃により沈没


たまたま在泊していた敵輸送艦隊を血祭りにあげました。

第7ターン
島風:対空型駆逐艦「東風」釧路にて竣工

太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

75000馬力の機関を搭載し、帝国海軍駆逐艦史上最速の40ノットを記録した高速駆逐艦。この世界では、同型艦4隻で、敵艦隊をおびき出すための囮艦隊を編成します。もし海戦が発生しても、その高速を活かして敵艦隊を振り切ることができるでしょう。

第1次マヌス攻略戦
日本軍参加兵力:兵員76 火砲0 車両0 後方100
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
マヌス占領

第1次ブナ攻略戦
日本軍参加兵力:兵員243 火砲674 車両80 後方900
日本軍損害:兵員1 火砲5 車両1 後方0
連合軍参加兵力:兵員106 火砲53 車両0 後方19
連合軍損害:兵員6 火砲20 車両0 後方1
ブナ占領


ニューギニアを東進中。次なる攻略目標はラビです。

第1次ラビ爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機67機 爆撃機121機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機4機
連合迎撃総数:戦闘機19機
撃墜:戦闘機19機
戦果:陣地224低下 兵員15 火砲3 後方13 飛行場102低下 戦闘機1 爆撃機19 偵察機8

第1次ブナ防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機134機
撃墜:爆撃機0機
損害:兵員10 火砲15 後方20

第1次アダック防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機44機
撃墜:爆撃機23機
日本迎撃総数:戦闘機55機
撃墜:戦闘機4機


第8ターン
科学技術「大口径タ弾」開発完了

タ弾とは、ドイツの成形炸薬弾に関する技術供与に基いて陸軍が開発した、銃器および火砲用の対戦車用成形炸薬弾の秘匿名称。戦車の装甲を破壊するための弾頭です。難しい原理はおいといて、飛翔速度に関係なく爆薬のみで破壊力を得るため、歩兵が携行できる大きさの火器でも戦車を破壊できるという特徴があります。

「伊14号」横須賀にて竣工
「伊11号」神戸にて竣工
「伊12号」神戸にて竣工
「伊13号」呉にて竣工


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

ドイツ派遣用の大型輸送潜水艦。もともとは「制空権のない場所での奇襲上陸」を目的に開発された艦です。

第2次ポートモレスビー爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機28機 爆撃機57機
撃墜:戦闘機2機 爆撃機9機
連合迎撃総数:戦闘機31機
撃墜:戦闘機6機
戦果:陣地10低下 飛行場31低下 爆撃機6 偵察機5 輸送機2

第1次ラビ攻略戦
日本軍参加兵力:兵員81 火砲422 車両0 後方450
日本軍損害:兵員9 火砲35 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員118 火砲75 車両28 後方0
連合軍損害:兵員118 火砲75 車両28 後方0
ラビ占領


ニューギニア東端で大泊地をもつ根拠地です。南太平洋諸島攻略の出撃基地となります。

第1次アダック沖海空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機86機
撃墜:爆撃機40機
日本迎撃総数:戦闘機127機
撃墜:戦闘機13機


第9ターン
第2次アダック沖海空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機46機
撃墜:爆撃機21機
日本迎撃総数:戦闘機52機
撃墜:戦闘機4機

第1次ダッチハーバー艦砲射撃戦(艦隊)
戦果:陣地78低下 兵員3 飛行場184低下 戦闘機24爆撃機12偵察機9

第1次ダッチハーバー沖海空戦
連合軍攻撃隊:戦闘機96機
撃墜:戦闘機35機
行方不明:戦闘機1機
日本迎撃総数:戦闘機91機
撃墜:戦闘機0機

第1次ウムナク爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機29機爆撃機125機
撃墜:戦闘機0機爆撃機1機
戦果:兵員6 飛行場176低下 戦闘機32 爆撃機15 偵察機8

第1次ダッチハーバー爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機22機 爆撃機164機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機9機
戦果:陣地795低下 兵員4

第2次ダッチハーバー爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機47機爆撃機53機
撃墜:戦闘機1機爆撃機4機
戦果:陣地235低下 兵員3

第3次ダッチハーバー爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機104機
撃墜:爆撃機4機
戦果:陣地143低下 兵員44 火砲31 後方8

第1次ココダ攻略戦
日本軍参加兵力:兵員54 火砲439 車両79 後方300
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員106 火砲55 車両20 後方103
連合軍損害:兵員2 火砲0 車両1 後方8
ココダ占領


ポートモレスビーまで、残り約100km。オーエンスタンレー山脈を越えて、はるばる進軍していきます。弾薬・物資等は十分ですが、史実の轍を踏まないように……。

太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第10ターン
第4次ダッチハーバー爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機139機 爆撃機242機
撃墜:戦闘機5機 爆撃機15機
連合迎撃総数:戦闘機53機
撃墜:戦闘機25機
戦果:陣地399低下 兵員32 火砲18 後方4 飛行場35低下 戦闘機1 爆撃機10 偵察機7

第5次ダッチハーバー爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機101機
撃墜:爆撃機3機
戦果:陣地144低下 兵員61 火砲49 後方15

第1次ラビ防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機130機
撃墜:爆撃機7機
損害:兵員1 火砲9 後方12

第1次ダッチハーバー攻略戦
戦果:陣地100低下 兵員1
日本軍参加兵力:兵員243 火砲32 車両0 後方900
日本軍損害:兵員34 火砲1 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員80 火砲46 車両0 後方0
連合軍損害:兵員80 火砲46 車両0 後方0
ダッチハーバー占領


北方作戦完了。ここから1000kmあまり北東には、アラスカ最大の町・アンカレッジがあるので、空爆の危険が懸念されますが、そこはゲームということで……。

アンカレッジは、冷戦時代、日本−欧州を結ぶ航空機の寄港地として知られていました。ソビエト連邦が西側諸国の航空機が領空を通過することを許可しなかったため、迂回しなければならなかったわけです。その頃には、アンカレッジに日本人をターゲットにしたうどん屋まであったそうです。

太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第2次ウムナク爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機106機 爆撃機85機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機1機
戦果:陣地170低下 兵員7 飛行場8低下 戦闘機9 爆撃機4 偵察機5

第3次マダン防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機40機
撃墜:爆撃機15機
行方不明:爆撃機3機
日本迎撃総数:戦闘機61機
撃墜:戦闘機9機
損害:飛行場1低下

第3次ポートモレスビー爆撃戦
日本軍攻撃隊戦闘機57機爆撃機27機
撃墜戦闘機3機爆撃機1機
戦果:陣地90低下 兵員1 飛行場41低下 戦闘機11 爆撃機10 偵察機3 輸送機1

第4次ポートモレスビー爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機46機 爆撃機138機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機3機
戦果:陣地121低下 兵員17 火砲5 後方22


ページの先頭に戻る
《→ 1942年(昭和17年) Vol.12 に続く》
太平洋戦記3 最終決戦

大戦略 大東亜興亡史-ニイタカヤマノボレ一二〇八-

KOEI The Best 提督の決断4




ホーム 入門編 基礎編 発展編 プレイレポート