ジェネラル・サポート「太平洋戦記3 最終決戦」の攻略情報は…

1943年(昭和18年) Vol.4

4月

第1ターン
大陸縦貫鉄道が完成し、鉄の在庫に余裕が出てきたので、鞍山の製鉄所とラングーンの精油所を増築します。

発動機「ハ70型」完成度60%で実用化
戦闘機「キ96戦」開発中止
潜水艦「呂500潜」基本設計完了

第1次ジョンストン爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機129機
撃墜:爆撃機12機
連合迎撃総数:戦闘機60機
撃墜:戦闘機3機
戦果:陣地12低下 兵員7 後方2 飛行場236低下 戦闘機15 爆撃機41 偵察機5


第2ターン
最新鋭の艦載戦闘機『烈風1型』。今や帝国海軍の根拠地となったクェゼリンやラビで、空母への搭載が始まりました。

科学技術「13号電波探信儀」開発完了

艦隊迎撃度が+1されます。空襲を受けた際に発進できる艦載戦闘機の数が増えます。

発動機「ハ43-1型」完成度60%で実用化

第1次サンタクルーズ爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機55機 爆撃機96機
撃墜:戦闘機5機 爆撃機9機
連合迎撃総数:戦闘機90機
撃墜:戦闘機19機
戦果:陣地250低下 兵員5 後方1 飛行場88低下 戦闘機1 爆撃機25 偵察機6

第1次ガダルカナル防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機128機
撃墜:爆撃機36機
日本迎撃総数:戦闘機98機
撃墜:戦闘機26機
損害:飛行場33低下 戦闘機3 爆撃機4 偵察機1


第3ターン
第2次ケンダリー沖海戦
日本軍艦艇:小型艦2 商船1
連合軍艦艇:大型輸送艦12 小型艦19 商船14


戦闘は起こらなかったんですけど、記録されるんですね。

第4ターン
科学技術「中口径タ弾」開発完了

『41式山砲』『92式歩兵砲』『2式砲戦車』の対装甲火力が+7されます。『41式山砲』と『92式歩兵砲』は陸戦で多用しているので、とてもありがたい技術開発です。

ダバオ沖で敵の上陸部隊を発見! 軽巡洋艦さえ配備されていない艦隊を叩くのに、戦艦や空母を動員するのはもったいないのですが、なんせ数が多いもので……。

太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第1次ダバオ沖海戦
日本軍艦艇:空母6 戦艦2 巡洋艦8 小型艦8 商船1
連合軍艦艇:大型輸送艦12 小型艦19 商船14
駆逐艦 ワーズワース 砲撃により沈没
駆逐艦 ブキャナン 砲撃により沈没
駆逐艦 ヘインズワース 砲撃により沈没
掃海艇 ダンカン 砲撃により沈没
駆逐艦 フート 砲撃により沈没
駆逐艦 ハワース 砲撃により沈没
輸送船 連商船105号 砲撃により沈没
掃海艇 ベンソン 砲撃により沈没
掃海艇 マッシー 砲撃により沈没
掃海艇 ミード 砲撃により沈没
駆逐艦 プリチェット 砲撃により沈没
駆逐艦 ティンゲイ 砲撃により沈没
駆逐艦 A・M・サムナー 雷撃により沈没
掃海艇 オバノン 砲撃により沈没
掃海艇 リア 砲撃により沈没
駆逐艦 エジソン 雷撃により沈没
駆逐艦 イートン 雷撃により沈没
大型輸送艦 LST37号 砲撃により沈没

第1次ダバオ沖空海戦
日本軍攻撃隊:戦闘機28機 爆撃機57機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機2機
輸送船 連商船107号 爆撃により沈没
輸送船 連商船92号 爆撃により沈没
輸送船 連商船108号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST28号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST35号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST41号 爆撃により沈没
輸送船 連商船111号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST38号 爆撃により沈没
輸送船 連商船90号 爆撃により沈没
駆逐艦 ランスデイル 爆撃により沈没
輸送船 連商船104号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST40号 爆撃により沈没
輸送船 連商船110号 爆撃により沈没

第2次ダバオ沖空海戦
日本軍攻撃隊:戦闘機28機 爆撃機29機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機2機
大型輸送艦 LST36号 爆撃により沈没
輸送船 連商船93号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST27号 爆撃により沈没
輸送船 連商船106号 爆撃により沈没
輸送船 連商船91号 爆撃により沈没
タンカー 連商船313号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST29号 爆撃により沈没
輸送船 連商船109号 爆撃により沈没


第5ターン
前ターンに続いて、敵艦隊掃討。

第3次ダバオ沖空海戦
日本軍攻撃隊:戦闘機27機 爆撃機29機
撃墜:戦闘機0機 爆撃機2機
大型輸送艦 LST30号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST39号 爆撃により沈没
タンカー 連商船312号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST42号 爆撃により沈没

第2次ジョンストン爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機40機
撃墜:爆撃機3機
戦果:空母1隻 小型艦4隻 商船4隻 戦闘機1 爆撃機2
小型敷設艦 トリバー 爆撃により沈没
輸送船 連商船112号 爆撃により沈没
小型敷設艦 ワスムス 爆撃により沈没
タンカー 連商船315号 爆撃により沈没
駆逐艦 シュレーダー 爆撃により沈没
輸送船 連商船113号 爆撃により沈没
小型敷設艦 ペリー 爆撃により沈没
護衛空母 ナッソー 爆撃により沈没
タンカー 連商船314号 爆撃により沈没


第6ターン
太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

連合軍(米軍)が使う爆雷の破壊力が1.1倍されます。潜水艦はドイツ派遣以外に使っていないので、ドーバー海峡から大西洋にかけての海域で敵の哨戒艦隊に捕捉されなければ問題なし。

科学技術「水中充電装置」開発完了

一般的には「シュノーケル」と呼ばれる潜水艦用の装置です。水中でディーゼルエンジンを稼働させるために用いられる吸気管ですね。

当時の代表的な動力システムであるディーゼル・エレクトリック方式潜水艦の場合、浮上中にディーゼルエンジンを動かして発電・充電しておき、エンジンを動かせない潜航時には、充電した電気を使ってモーター推進するという仕組みだったのですが、シュノーケルの実用化によって潜航時にもエンジンを動かせるようになったのです。海面上に管の先端を突き出して外気を取り入れるので、管の長さ以上の深度をとることはできませんけどね。

ちなみに、ゲームでは「水中充電装置」の開発に伴って、日本側の潜水艦被発見率が0.8倍と、若干下がります。継続して潜航できることを反映しているのでしょう。

ジョンストンに入港した敵増援艦隊を爆撃しました。

第3次ジョンストン爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機28機
撃墜:爆撃機2機
戦果:空母1隻 小型艦4隻 商船4隻 戦闘機1 爆撃機2 偵察機1
輸送船 連商船115号 爆撃により沈没
小型敷設艦 ハルバート 爆撃により沈没
駆逐艦 サウサード 爆撃により沈没
小型敷設艦 ディケイター 爆撃により沈没
小型敷設艦 W・B・プレストン 爆撃により沈没
タンカー 連商船317号 爆撃により沈没
護衛空母 アルタマハ 爆撃により沈没
タンカー 連商船316号 爆撃により沈没
輸送船 連商船114号 爆撃により沈没


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

「釧路港外に敵潜水艦の兆候あり!」との情報に基づき、水雷艇6隻からなる対潜艦隊を青森から出撃させましたが……

水雷艇 鷺雷撃により沈没
水雷艇 雉雷撃により沈没


爆雷投射機が3門しか搭載されていないので、対潜部隊としては非力です。やはり、丙型または丁型海防艦の増強が必要です。

第7ターン
第4次ジョンストン爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機29機
撃墜:爆撃機2機
戦果:空母1隻 小型艦4隻 商船4隻 戦闘機1 爆撃機2 偵察機1
輸送船 連商船116号 爆撃により沈没
輸送船 連商船45号 爆撃により沈没
小型敷設艦 クレーン 爆撃により沈没
駆逐艦 フィッチ 爆撃により沈没
小型敷設艦 チュウ 爆撃により沈没
小型敷設艦 ラスバーン 爆撃により沈没
タンカー 連商船319号 爆撃により沈没
タンカー 連商船318号 爆撃により沈没
護衛空母 ボーグ 爆撃により沈没


第8ターン
第2次ガダルカナル防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機81機
撃墜:爆撃機40機
日本迎撃総数:戦闘機101機
撃墜:戦闘機13機

第1次ニューカレドニア爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機90機
撃墜:爆撃機10機
連合迎撃総数:戦闘機51機
撃墜:戦闘機3機
戦果:兵員4 飛行場180低下 戦闘機3 爆撃機36 偵察機6

第3次ガダルカナル防空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機75機
撃墜:爆撃機24機
日本迎撃総数:戦闘機96機
撃墜:戦闘機22機
損害:飛行場7低下 戦闘機1

第2次サンタクルーズ爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機49機 爆撃機29機
撃墜:戦闘機6機 爆撃機3機
連合迎撃総数:戦闘機59機
撃墜:戦闘機13機
戦果:兵員1 飛行場55低下 戦闘機13 爆撃機10 偵察機5


ジョンストンへの増援、なかなかしつこいです。ガダルカナルみたいになってきました。

第5次ジョンストン爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機24機
撃墜:爆撃機2機
戦果:空母1隻 小型艦4隻 商船4隻 爆撃機2
小型敷設艦 リー 爆撃により沈没
小型敷設艦 ランバートン 爆撃により沈没
輸送船 連商船117号 爆撃により沈没
小型敷設艦 ドーゼイ 爆撃により沈没
タンカー 連商船321号 爆撃により沈没
駆逐艦 ハート 爆撃により沈没
護衛空母 カード 爆撃により沈没
タンカー 連商船320号 爆撃により沈没
輸送船 連商船118号 爆撃により沈没

第3次サンタクルーズ爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機59機
撃墜:爆撃機1機
戦果:陣地225低下 兵員8 後方1

第1次サンタクルーズ攻略戦
戦果:陣地255低下 兵員1
日本軍参加兵力:兵員243 火砲96 車両0 後方450
日本軍損害:兵員9 火砲1 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員96 火砲30 車両0 後方0
連合軍損害:兵員96 火砲30 車両0 後方0
サンタクルーズ占領


太平洋戦記,太平洋戦争,大東亜戦争,攻略

第2次ニューカレドニア爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機90機
撃墜:爆撃機5機
連合迎撃総数:戦闘機13機
撃墜:戦闘機1機
戦果:陣地270低下 兵員5 飛行場190低下 戦闘機21 爆撃機26 偵察機9


第9ターン
第6次ジョンストン爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機24機
撃墜:爆撃機1機
戦果:小型艦4隻 商船4隻 戦闘機1 爆撃機2
輸送船 連商船120号 爆撃により沈没
小型敷設艦 J・ジョーンズ 爆撃により沈没
小型敷設艦 バビット 爆撃により沈没
小型敷設艦 バジャー 爆撃により沈没
駆逐艦 ファラガット 爆撃により沈没
タンカー 連商船323号 爆撃により沈没
輸送船 連商船119号 爆撃により沈没
タンカー 連商船322号 爆撃により沈没

第1次ニューカレドニア艦砲射撃戦(艦隊)
戦果:陣地411低下

第3次ニューカレドニア爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機36機 爆撃機80機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機2機
戦果:陣地410低下 兵員13 火砲3 後方1 飛行場20低下 戦闘機1 爆撃機4 偵察機2

第4次ニューカレドニア爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機55機 爆撃機114機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機2機
戦果:陣地89低下 兵員40 火砲25 後方7

第1次ニューカレドニア沖海戦
日本軍艦艇:空母6 戦艦4 巡洋艦8 小型艦7 商船4
連合軍艦艇:小型艦4 商船5
小型敷設艦 ターベル 砲撃により沈没
駆逐艦 バリー 砲撃により沈没
小型敷設艦 アップシャー 砲撃により沈没
小型敷設艦 ハミルトン 砲撃により沈没
輸送船 連商船125号 砲撃により沈没
タンカー 連商船327号 砲撃により沈没
輸送船 連商船123号 砲撃により沈没


第10ターン
第2次ニューカレドニア艦砲射撃戦(艦隊)
戦果:陣地267低下 兵員2 飛行場14低下 戦闘機1 爆撃機1 偵察機2

第5次ニューカレドニア爆撃戦
日本軍攻撃隊:戦闘機179機 爆撃機188機
撃墜:戦闘機1機 爆撃機2機
戦果:陣地2低下 兵員107 火砲80 後方22


「プサン港外で敵潜水艦の兆候あり!」との報を受け、佐世保の対潜艦隊が急行。しかし水雷艇4隻ではいかんともしがたく……

水雷艇千鳥雷撃により沈没

第1次ジョンストン沖海空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機42機
撃墜:爆撃機15機
日本迎撃総数:戦闘機80機
撃墜:戦闘機13機


6回にわたる爆撃で更地&無人になっているので、ジョンストンをさくっと占領。

第1次ジョンストン攻略戦
日本軍参加兵力:兵員243 火砲96 車両0 後方450
日本軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍参加兵力:兵員0 火砲0 車両0 後方0
連合軍損害:兵員0 火砲0 車両0 後方0
ジョンストン占領
輸送船 連商船121号 占領により破壊
輸送船 連商船122号 占領により破壊
小型敷設艦 ボッグス 占領により破壊
小型敷設艦 ケニソン 占領により破壊
小型敷設艦 ウォード 占領により破壊
タンカー 連商船324号 占領により破壊
タンカー 連商船325号 占領により破壊
駆逐艦 ハル占領により破壊

第2次ジョンストン沖海空戦
連合軍攻撃隊:爆撃機77機
撃墜:爆撃機14機
日本迎撃総数:戦闘機12機
撃墜:戦闘機2機

第6次ニューカレドニア爆撃戦
日本軍攻撃隊:爆撃機6機
撃墜:爆撃機0機
戦果:商船2隻 火砲2
タンカー 連商船326号 爆撃により沈没
輸送船 連商船124号 爆撃により沈没


ページの先頭に戻る
《→ 1942年(昭和18年) Vol.5 に続く》
太平洋戦記3 最終決戦

大戦略 大東亜興亡史-ニイタカヤマノボレ一二〇八-

KOEI The Best 提督の決断4




ホーム 入門編 基礎編 発展編 プレイレポート