ジェネラル・サポート「太平洋戦記3 最終決戦」の攻略情報は…

39年シナリオ 攻略情報 【資源・物資】

燃料
  • 重油・軽油ともに不足がち。蘭印攻略で大幅に状況は改善されますが、東条首相が胸を張ったように「石油問題は解決した」とはなりません。
  • 軽油不足という情報が多いようですが、自分の場合は、むしろ重油の不足に悩まされました。
  • 重油・軽油生産で、操業率200パーセントで低精度・操業率0パーセントで高精度を繰り返すと、軽油生産量は1.5倍になりますが、操作が面倒です。
  • 1941年末までの備蓄目標は、重油40万トン・軽油10万トン程度。

 

セメント
  • 採掘施設を大宮627・岡山747・熊本884まで拡張したら、十分に回転しました。終盤は30万トン以上、常時ストックがあるぐらい。
  • 岡山と熊本については航空機工場の操業率を200%にするために、セメント採掘施設を休業した期間もありましたが、それでもいけます。もっとも航空機生産の必要がない時期は、採掘の稼働率を200%にしましたが。

 

  • 序盤に工場拡張・艦船建造をやり過ぎると、あっという間に回らなくなります。
  • 鞍山の製鉄所はMAXまで拡張するのが吉です。
  • 鉄鉱石の購入は不要。標準の定期物動を設定すると大連と上海に大量に蓄積されますが、すべて鞍山に輸送しましょう。

 

ボーキサイト
  • パラオや蘭印から内地への船舶輸送は論外。燃料不足に拍車がかかります。
  • ひたすら貿易で手に入れます。特に、対英講和後の月輸入高8000トンは助かります。

 

油田探索
  • 油田発見の時期は次のとおり。(情報提供 蛮泥愚裏腐吐さん)

チチハル

  1. 1940年4月第1ターン
  2. 1941年9月第1ターン
  3. 1942年10月第1ターン

オハ

  1. 1939年11月第7ターン
  2. 1940年10月第1ターン
  3. 1942年6月第10ターン
  4. 1944年10月第5ターン
  • 台風の発生は無関係らしい。

 

輸送船&タンカーの経済性
  • 1燃費あたりの輸送トン数で比較しました。

高速輸送船 10000t 29: 345t/1燃費
中速輸送船 9300t 17: 547t/1燃費
小型輸送船 3000t 4: 750t/1燃費
戦標輸送船 10200t 9:1133t/1燃費☆
高速タンカー 12000t 50: 240t/1燃費
中速タンカー 15200t 27: 563t/1燃費
低速タンカー 16000t 14:1143t/1燃費☆
小型タンカー 4300t 5: 860t/1燃費
戦標タンカー 9000t 9:1000t/1燃費

39年シナリオ 攻略情報 【資源・物資】 関連ページ

外交・貿易
開発・生産
戦略・戦術
太平洋戦記3 最終決戦

大戦略 大東亜興亡史-ニイタカヤマノボレ一二〇八-

KOEI The Best 提督の決断4




ホーム 入門編 基礎編 発展編 プレイレポート